ファンタジー&ジュヴナイルを中心とした自作小説です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 

 夜空を満月が彩っている。
 その輝きが赤味を帯びていることに幾ばくかの憂慮を抱きながら、有馬美人は如月家の前までやって来た。見ようによっては、月が裡側から血に染められているようにも感じられる。今宵の月は、何故だか常よりも禍々しい光を放っているようだった……。
 ――魔王覚醒のせいかな……。
 神族と対立する魔族の長――魔王が現世に甦ったことは間違いない。しかも、榊の本家がある同じM市内で。
 おかげで静穏だった街は目に見えぬ不快な瘴気に包まれている。運悪くそれに当てられた鋭敏な感覚の持ち主は、心身に多少なりとも影響を受けているはずだ。榊葵や自分のように……。
 ――葵さんと茜さんに大事がありませんように。
 胸中で大切な従兄たちの無事を祈り、美人は月から視線を外した。
 如月家を取り囲む塀伝いに裏門を目指す。
 離れの真裏辺りまで来て、不意に美人はハッと息を呑み、足を止めた。
 薄暗い路地に人影を発見したのだ。
 月明かりに照らされる端整な横顔には見覚えがあった。
 数日前に同じ場所で遭遇した不可思議な青年――久我条蓮だ。
 彼に女性と間違えられた挙げ句ナンパされたことを思い出し、美人は柳眉をひそめた。
 魔族の中でも高位に位置するだろう青年は、今宵もそれらしい雰囲気を全く醸し出していない。
 つと、蓮がこちらに首を向ける。
 蓮の瞳が真っ直ぐに美人を射た瞬間、ビクリと身体が震えてしまった。焦りが胸から全身へと広がってゆく。
 だが、冷静に考えてみると、今の美人は女装ではなくちゃんと男の格好をしているのだ。あの時の姉たちのメイクと衣装による変身は完璧だった。いつぞやの女装姿と現在の美人の姿を結びつけることは容易ではないだろう。
 ――大丈夫。あの夜の僕は、僕であって僕ではないし……向こうは気づいてないはず。
 美人は深呼吸を一つし、固まっていた足を動かし始めた。
 仮に気づかれていたのだとしても白を切り通せばいい。
 素知らぬ態度で蓮の脇を通り過ぎる。
「やあ――」
 だが、一瞬後には後ろから腕を捕まえられていた。
「また遭ったね、有馬美人くん」
 笑みを含んだ蓮の声が耳に浸透する。
 美人は正体を見抜かれた驚きに、勢いよく蓮の手を振り払い、彼を振り返っていた。
 蓮の整った顔には美人の反応を愉しむような微笑が広がっている。
「どうして――判ったんですか?」
「調べたから。聖華学園高等部所属。有馬家の嫡男で、天主・榊葵の従弟。そして、如月祐介氏の甥っ子に当たる。――違うかい?」
 悪びれもせずに蓮はサラリと告げる。
「違いません。ですが、あなたが僕のことを知っていて、僕があなたのことを知らないのは、少し不愉快な状況です」
 美人が冷ややかな言葉を返すと、蓮は大仰に肩を聳やかした。
「名刺、ちゃんと渡したはずだけど? もしかして――この前のことを根に持っているのかな? アレは君がまさか男だなんて思わなかったからだよ。もうしないから安心していい。――オレは、久我条蓮。今更名乗るのも変な気分だけど、条家久我条の当主だ」
 蓮が堂々と身分を明かした直後、
「――《雷師》」
 美人は半ば反射的に己が分身の名を口ずさんでいた。
 転瞬、左手の中指に填めていたヘマタイトの指輪が日本刀へと姿を変える。
 美人が柄を握った途端、刀――《雷師》の刃は青白い冷光に包まれた。
「ア……レ……? ちょっ……ソレ、普通の刀じゃないよねっ!?」
《雷師》を一目見るなり蓮がギョッと目を見開き、身軽に後方へ飛び退ける。
「オレの気のせいなのかな? その刀、《魔封じの剣》に見えるんだけど? 先々代天主・聡子――君のお祖母さんの愛刀じゃなかったかな?」
 蓮の視線は《雷師》に据えられている。その口元が微かに引きつっていた。
「気のせいじゃありません。永らくお祖母様の愛刀でしたが、今は――巡り巡って僕が主です。《魔封じの剣》やお祖母様のことを知ってるなんて、本当に連綿と続く久我条家の当主なんですね……」
 美人は黒曜石のような双眸をひたと蓮に向けた。
 榊本家の先々代当主――榊聡子は、母方の祖母に当たる。
 彼女が魔族退治のために使用していたのが、美人が手にしている《魔封じの剣》なのだ。今は主である美人の雷系の神力が反映されているため、《雷師》と呼称されることが多い。美人は聡子が闘っている姿を目にしたことはないが、おそらく祖母が操っていた時には別の属性を備えていたのだろう。
 しかし、属性は異なるが根本的な能力は同一だ。
 魔封じ――その名の通り《魔族を封じる》ために生まれ、鍛えられてきた刀なのである。
 持ち主によって《魔封じの剣》は姿を変える。なので、瞬時に美人の刀が《魔封じの剣》だと悟れる魔族は滅多にいない。
 一見しただけで正体を見抜けるのだから、やはり蓮は強い能力を秘めた魔族なのだ。
 立ち居振る舞いも喋り方も何処となく飄々としているが、それは久我条蓮の本質ではないのだろう。見かけ通りの軟派で軽薄な男だと思っていると、痛い目に遭う畏れがある。
 美人は気を引き締め直し、《雷師》を青眼に構えた。
「えっ? いや、オレ、君と闘う気なんてないし――確か、その刀に心臓貫かれると変な珠に封じ込められて、永久に出て来られなくなっちゃうんだよね? それは困るな」
 蓮の頬が更にピクリと引きつる。
「本当によくご存じで……」
 美人はやにわに蓮との距離を詰めると、《雷師》を振り下ろした。
「うわっ! だから、君と争うつもりはないって言っただろ!」
 蓮が俊敏な身のこなしで美人の攻撃をヒラリと躱す。
「あなたが魔族だと判ったからには、このまま見過ごすわけにはいきません」
 蓮が逃げた先を狙って、美人は《雷師》を水平に薙いだ。
「そこを何とか見逃してほしんだけどな!」
 青白く輝く刀身を受け止めようと蓮が片腕を上げる。
 刃が蓮に触れる直前、ズンッと《雷師》が重くなった気がして、美人は恟然と動きを止めた。
 ――《雷師》が嫌がってる? 彼を斬るな……と?
 美人は胸中で自問した。
 斬るのを躊躇ったのは明らかに《雷師》の意思――延いては美人の潜在意識だ。
「おっ、やっと言葉が通じたのかな?」
 袖に触れるだけに留まっている《雷師》を見下ろし、蓮が安堵の息を吐く。
「何度も言うけど、オレに闘う意思はない。君はここに用事があるんだろ? 邪魔ならオレは退散するよ」
 蓮の端整な顔に微苦笑が閃く。
《雷師》が攻撃を思い留まったということは、久我条蓮には美人に対する敵意も殺意もないのだろう。少なくとも今のところは。
 美人は《雷師》の判断を信じることに決め、不承不承ながらも刀を降ろした。
 瞬く間に《雷師》は指輪へと変化し、自ら左の中指に納まる。
 美人は無言で身を翻すと、二メートルはある塀を軽々と跳び越えて如月邸へ侵入した。





← NEXT
→ BACK
※【妖鬼伝】INDEXへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
2011.06.22 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。